募集開始:9/23和の頭蓋仙骨療法セミナーin札幌

問い合わせを多くいただいておりましたクラニオのセミナー。
次回の開催が決まりました。お知らせします。
今回は、横浜の齋藤光洋先生が講師で来てくださいます!
クラニオを学んでみたいと思っていた方、
暮らしに優しいお手当てを取り入れたい方、
ぜひこの機会にご参加ください。

“募集開始:9/23和の頭蓋仙骨療法セミナーin札幌” の続きを読む

歯の生え変わりにはティッシュソルト

はあ~~~!!毎日盛りだくさん過ぎる日々だ!

この週を振り返っただけでも
和のクラニオお手当てのおさらい会をナビしたり、
同じく、おひとりおさらい会をやったり。

たいわの古瀬いくちゃんとホメオパシーのコラボ講座、
渡辺さゆりさんにクレイのワークショップをしてもらうなど。

ホメオパシーでは通常の対面相談のほかに
ZOOMで相談や、電話相談。
もちろん和のクラニオお手当てセッションもあり。
そしてPTAやらも。

とめまぐるしく日々が過ぎる中、とあるきっかけでmixiを久々にのぞきました。
SNSのはじまりはmixiだった。

で、自分のmixi日記を見てみたら、けっこういいことが書いてある。

なので、ちょいとシェアしていこうと思います。
省エネ……の趣もありますが、でもほんとに、今もお伝えしたいことが書かれていたので。
以下、過去のわたしのmixi日記の転載です。

————–
【歯の生え変わりにはティッシュソルト】

2012年06月27日11:5

長男8歳、乳歯から永久歯にじわじわと生え変わっている最中です。

今、出てきそうなのは、左上の2番。
先に生えそろった前歯2本の隣にあたるやつです。

数日前から歯ぐきがふくらんでいて、
今朝見たら、うっすらその奥に白いものが。

コンニチハ~ 大人の歯~!

こんなちびっこいのが歯ぐきをつきやぶって出てくるなんて、
すごい力ですよね。
アスファルトを破って出てくる木の芽みたいな感じがします。

歯の生え変わりについては、
「人智学」のルドルフ・シュタイナーは
子どもの成長の大きな節目と位置付けていますね。
乳歯&乳歯混在時期の子どもと、永久歯が生えそろった子どもでは
「まったく異なった存在」とさえ表現するほど。

永久歯になるころ、子どもはまるっこい小児の体つきから
手足が長くてウエストのあるほっそりとした学童の体になり、
心も大きく育つとき。
子どもの「発達・成長」ということを見るとき、たしかにここは大転換点。

しかし、転換点には不安定さがつきもの。
ゆえに病気にかかりやすい時期でもあります。
(個人的には、あと、抱っこや甘えたがるってのもある気がします)

さあここで、
ホメオパスの母はティッシュソルトの出番だなと思うわけです。

ティッシュソルトとは、ホメオパシーの一種で、
体の必須ミネラルをもとにした低いポーテンシーのレメディー。

身体のミネラルバランスをとる助けをします。

といってもサプリメントみたいに、ミネラルを体に直接補給するわけではなく、
余分なものは排出し、必要なものは食物から
より取り込みやすくするように働きかけるものです。
「自ら調整する体」にみちびくというのが、ホメオパシーの真骨頂であり、
サプリにありがちな「ひとつの要素だけ摂取過多」にならず、
すばらしいと思っています。

ティッシュソルトはちょっとした風邪など含め、不調時にもとても有効です。
非常に効果を感じるので、私は、かなりの頻度で活用しています。

で、急激な成長や歯の生え変わりなどのときは、
体に必要なミネラルが増えるし、またその結果、
「まだまだ足りないよ~」と不足しがちになるのですね。

そこにティッシュソルトを与えていくと、ミネラルバランスがよくなり、
結果、成長にともなう苦痛・不具合を減らしながら、
その子のあるべき成長リズムをのびやかにサポートする、というわけです。

ちなみに
歯の生え変わり時には(最初の乳歯が生えるときも含む)
こんなティッシュソルトが示唆されます。

●Calc-fluor
あごや組織の弾力性/歯生を楽にするのにとても重要

●Ferrum-phos
微熱、痛み/痛くてうずくようなときはMag-phosとともにこれを

●Kali-phos
あごを突き破るためのエネルギー/なかなか歯が出てこないときに重要

●Mag-phos
緊張の緩和、痛み

●Nat-mur
液体の代謝/唾液の出過ぎのときに

特別痛みなどを感じていなくても、
歯が生えるときというのはこれらのミネラルが今体に必要な時期だといえるので、
私は、歯が生えるときには、一定期間、上記から適宜選んで与えています。
いい感じです。

あと、食事でここらへんのミネラル多めの食材を選んだりもしますね~。
(ホメオパシー勉強していると、そういう栄養面での理解にもつながっていくのがまた面白い)

そのほか、歯ぐきが腫れやすいので歯磨きはしっかりしつつ、
カレンデュラのマザーチンキ(コップの水にやや多めに振り入れて)で
口をゆすぐのはとてもオススメ。
腫れが強いときは、プランターゴのマザーチンキが、より、いいですよ。

あとは、クラニオや、愉気や、抱っこやべたべたで、肌触れ合ってのタッチケア。

これで、身も心もまたのびのび~っと伸ばしていきたいです。

にしても、私の身近なケースでは、
ティッシュソルトがとても効果が出ること多いのですが、
これってつまり「ミネラル不足」の人が多いということ?と感じます。
ミネラルについては、日々「無用に減らさない心がけ」はほんとうに大事。現代では、とくに大事。
食事、環境などでいくつか気をつけるポイントを知っておくと、
全然ちがってくるはずなので……。

クレイセラピーを学びませんか?

気づけば1か月以上更新していませんでした。(;^_^A。

ホメオパシー健康相談、ホメオパシー講座、それに和のお手当てセッション、おさらい会、その他もろもろ。
おかげさまで日々忙しく、光陰矢の如しです。

それはさておき!!
久しぶりに外部講師を招いての講座主催をします。

7/19(木)10:00~12:00
「クレイセラピー入門講座」!!

講師は、渡辺さゆりさん。


“クレイセラピーを学びませんか?” の続きを読む

ホメオパシーのキットを使いこなす全6回講座スタート

札幌在住、ホメオパスで和のお手当て人のふじやまみちこです。

今日はいつもお世話になっている
厚別区の YUMEKITTO HOUSEさんで
「ホメオパシーで上手なホームケアをしよう!」
と題しての
【基本キット 使いこなし講座】の第2期が始まりました。

おやつにナツメが登場。うれしい!

“ホメオパシーのキットを使いこなす全6回講座スタート” の続きを読む

和のお手当てのおさらい会

昨日は、
和のお手当て/クラニオセイクラル・セラピーの
おさらい会を開催しました。

写真は例によってありません。
(集中のあまりいつも撮れないの!!)、

和のお手当てについてはコチラ↓
http://cranio.uminoie.org/

和のお手当てでは、
いちばん基本のベーシックセミナーを受講すると、
その後全国各地で開催されているおさらい会に参加ができるようになります。

何回でも、
どこででも、
ブランクあって何年かぶりでも。

いつでもおさらいできるわけです。
“和のお手当てのおさらい会” の続きを読む

電磁波のこと

電磁波については、ずっと関心があります。

10年以上前、ホメオパシーの学生になったとき、電磁波過敏症の同級生がいました。そんな病気が!?と最初はびっくりしました。症状がつらいのだということは見ていたら伝わります。いろいろ教えてもらいました。

それでわかったのは
「どういうわけか具合が悪い、治りが悪い、眠れない、落ち着かない、脳が働かない」などの要因のひとつに、「電磁波」がおおいに考えられるのだという事実。
“電磁波のこと” の続きを読む

ホメオパシーでツルツルマルマルの赤ちゃんを!

4月10日はホメオパシーの父、サミュエル・ハーネマンの誕生日。(おまけにわたしの父の誕生日でもある^^!)

それを記念して、毎年この日を中心に「世界ホメオパシー認識週間(WHAW)」として、地球のあちこちでホメオパシーを盛り上げる催しが開催されます。

今年2018年のテーマは「妊娠と出産へのホメオパシー」。

そこで、われらが日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)では本日、『ホメオパシーでツルツルマルマルの赤ちゃんを!』と題した特別イベントがあり、わたしも参加してきました。

わたし自身、ふたりめの子はホメオパシー大活用で自宅出産。
それがひとりめの病院出産のときとはまるで違って、
●妊娠中の健康度、
●産後の回復、
●その後の子育てストレス
すべて良好でした。
“ホメオパシーでツルツルマルマルの赤ちゃんを!” の続きを読む

ジェモエッセンスに注目しています

先月、ルーマニアの専門家による
「ジェモセラピー」(植物の新芽のエッセンスを使う自然療法)
の講義を聞いて、
興味津々、ホメオパシーと併用するとめっちゃよさそうな
可能性をビリビリ感じたのですが……。
↓(そのときの記事はこちら)
https://ameblo.jp/spontanea-sapporo/entry-12344774351.html

続報です。

あのあと
日本で買えるジェモエッセンスをさっそく購入(1本約5,000円)、
試していたのですが、これが、なかなかね……、
いや、相当、よかったんです。

私が試したのは
肝臓・腎臓の解毒によいという「ジュニパー」のジェモエッセンス。

ビンに付属のスポイトでピッと1回吸い上げる分を
水に混ぜて飲むこと1日2回。

すると、
2週間たったころ変化がありました。

あらっ、治ってきたじゃない?という手ごたえ。

なにが治ったか。

実はわたし、昨秋ごろから
「これってさ……更年期なわけ?」
と思わずにはいられない

いくつかの不調がありまして。

具体的には、
・ときどき動悸がする
・胃がきゅーっと痛くなることもある
・眠りの質が悪く、夜中に目覚めることが多くなった
・皮膚(顔)が敏感になってカブレたように赤くカサカサで痒くなる
など。

ね?更年期臭いでしょ?

ですがこれらが、
ジュニパーのジェモエッセンスをとって
2週間ぐらいで改善しはじめ、
そこからみるみるよくなったんです。

期待以上で、かなりびっくりでした。
(皮膚については、さらに「よもぎ蒸し」が劇的に効いたんですがこれはまた次回にでも)

それまでホメオパシーももちろん使っていました。

マザーチンクチャ―のダイオスコリアを飲んだり、
レメディーのSep.やLach.、内美セットなどとったり。
(どれも更年期にたいへんいいのですよー)

ですがちょっとはよくなるんだけど、
イマイチ、パワーが足りない感じ。

イマイチってことは
更年期系の見立てが違っているのかもしれない。
あるいは臓器の力が弱まっていて症状を押し出せないのかもしれない。

 

あらためて自分の体を感じてみると、
「この状態には断食的なのがよさそう」と聞こえる。
(こういう体の声って大事ですよね)

ふーむふむ。
断食もしてみたいけれど、今はちょっと大変だ。

でも断食がよさそうっていうことは、

毒がたまっているってことだろう。
じゃあ肝臓やると早いよね。
オッケー、サポートφKanも併用しよう!と、

と思っていた矢先に聞いたのが、ジェモセラピーの講義。

あ、ちょうどいい、じゃあ試してみよう、と、
サポートφKanではなく
肝臓・腎臓クレンズのジェモエッセンスである
ジュニパーをとってみたわけです。

そしたら、めきめきと、治ってしまったという経緯。

思うに、
ホメオパシー+ジェモエッセンス
という組み合わせがやっぱりすごくよかったんでしょう。

ホメオパシーでバイタルフォース(自己治癒力)を目覚めさせる

新芽のパワーで臓器を活性化

これによりぐぐぐっと症状が動いた。
臓器を力づける意味ではマザーチンクチャ―もとてもよいけれど、
ジェモエッセンスはまた、やさしいのにパワフル。
マザーチンクチャ―のときの治りの感じとまた一味違う。
新芽のパワーってほんとうにすごいんだなと思いました。

あと、これはとくにジュニパーだからかもしれませんが、
ジェモエッセンスは美味しい。

ベースがアルコールではなくグリセリンなので基本うっすら甘い。
そこにジュニパーの香り=ジンの香りがただよって、
気持ちが上がる美味しさでして……。
飲むのが楽しみになりました(笑)。
これ、続けるためにはけっこうポイント高いですよね。
うん、
ジェモエッセンス、気に入った!!

2月からホメオパシージャパンのUKショップで
安くて品質のいいルーマニア製の
ジェモの取り扱いが始まったのがとてもうれしいです。
(今のレートで1本2500円ぐらい.!)
http://www.homoeopathy-shop.co.uk/category.php?cPath=69

さっそく、いくつかまとめ買い。昨日届いてホクホクしております。

↑写真の右のふたつは日本で購入できるBoiron社(フランス)のもの。
左4つが、このたびUKショップに注文したルーマニアのPlantExtrakt社のもの。

PlantExtrakt社のは左から……
シングルエッセンスの【シルバーライム】
神経系、ストレス、緊張や興奮を緩和、睡眠、心臓血管

ポリジェマエッセンス
(数種類エッセンスの入った目的別コンビネーション)の
【9】閉経後の女性の体をサポート
【13】皮膚の解毒
【15】腸の解毒

です。

ジェモエッセンスは、
好転反応をゆるやかにするのにも非常によいので、
必要そうなクライアントさんには
今後はこちらの併用もおすすめしていくと思います。

そのためにも自分で試したり、
家族に使ってもらいながら勉強しますね。


夫作の木彫りイルカも心惹かれているようです(笑)。